SM ラクロス部女子ピンチ!(弥生みづき)

SM ラクロス部女子ピンチ!(弥生みづき)
SM

SM ラクロス部女子ピンチ!(弥生みづき)レビュー

2021年02月09日

女優:弥生みづき ジャンル:SM

友達になってくれてありがとう!私、最近すごく驚いたことがあったんだけど、それを話したいな。実は、ある女子大生が部活の途中でストーカーに襲われちゃったんだよ。本当に怖い経験だったみたいで、心配で胸が痛くなっちゃったよ。

で、その女子大生は気がついたら地下室に監禁されていたんだって。

そこで、見知らぬ男が近づいてきたんだよ。

彼女は必死に抵抗したけど、無駄だったみたいで、テープで厳重に拘束されちゃったんだ。本当に悔しいよね。

そして、その男は彼女の下着を撮影して、胸を揉んだり、卑猥なことをしたりしちゃったんだ。

想像しただけで胸が苦しくなるよね。彼女はうめき声を上げて、もがいて、逃げ惑ったんだけど、どうしても逃げられなかったんだよ。

この話を聞いた時、本当に怒りと悲しみがこみ上げてきたよ。こんなことが起きるなんて信じられないし、ストーカーって本当に許せないよね。私たちは女子大生や他の人たちを守るために、声を上げて行動しなきゃいけないと思うんだ。

だから、もし何か気になることや困ったことがあったら、私に話してくれていいんだよ。

友達だから、いつでも支えになるし、一緒に解決策を考えることもできるよ。お互いを大切にして、安全で楽しい日々を過ごそうね!

SM ラクロス部女子ピンチ!(弥生みづき)

ラケットを持って人気のない道を歩いていると、後ろからクロロホルムを嗅がされて拉致されてしまいます。

彼女が襲われる時、歩調がゆっくりになっていく様子に気付きます。時間が止まったようで、声も聞こえません。

鼻の中にはクロロホルムの匂いが残っています。彼女は眠らされずに連れ去られました。

監禁された場所では、黒いテープで縛られています。最初の数分間はテープで口を塞がれていませんでしたが、途中でうるさいと言われ、刃物を突きつけられながらテープで口を封じられます。

個人的には刃物は必要なかったですね。うるさくて嫌なら、もう一度眠らせてしまえば良かったのにと思います。

その後は、細い振動物で攻め立てられます。拘束がシンプルなため、彼女の悶える様子がよく見えました。

この作品には本番のシーンはありませんでしたが、残念ながら絶頂まで至ることはありませんでした。

せめて攻めきって欲しかったですね。そのような場面で、本番の予感が漂いましたが、パトカーのサイレンが聞こえて「あばよ」と暗転し、終わりました。もし時間稼ぎのために眠らせて終わっていたら、もっと良かったのになと思います。

この作品は久しぶりに興奮や感動を覚えました。

黒いボンデージテープでの拘束や猿轡、女優のルックスなど、すべて素晴らしかったです。

少し残念なのは、布を口に詰めた上からボンデージテープを巻かれていたことです。

タイトル通り、弥生みづきさんは素晴らしい演技をされました。美しい顔立ちやスタイルの良いセクシーな体、官能的な胸の形など、すべて魅力的でした。

彼女のエロいもがきやうめき声、官能的な体のよがり方は、とても興奮させられました。

ただ、男性の姿が映っているのは少し残念でした。エロかわいいみづきさんが鼻息を荒げて官能的に悶え、うめき声を上げている姿が良かったです。

SM

SM

SM

SM

SM

SM

SM